横浜の風俗が集まる 日吉

1966(昭和41)年に始まり1977(昭和52)年に横浜七福神と改称されたご当地の七福神詣でである。
―日で7院をめぐる場合は東横線日吉駅をスタートする。
駅前の普通部通りを直進して赤門坂を下ると金蔵寺(寿老人・長寿・不動尊)。
徳川家ゆかりの大梵鐘、切支丹灯篭などが残る江戸時代からの古刹だ。
山門を出て、駒林小学校と東高田小学校を目指しIキロばかり進むと興禅寺(福禄寿・福徳・十一面観音)に着く。
寺の向かいには学問の神・高田天満宮がある。
ここからは地下鉄高田駅方向に向かって南下し早渕川の土手に沿って下流に進むと綱島駅前の束照寺(布袋尊・不老長寿・薬師如来)に着く。
綱島駅からは東横線に乗って妙蓮寺駅に向かう。
駅前の菊名池公園には弁財天(商売繁盛、交通安全)立像が立っている。
玉と剣を持った女神像。
旧綱島街道を菊名駅に向かって北に進めば蓮勝寺(毘沙門天・知恵と勇気・阿弥陀如来)の門前に着く。
境内の毘沙門堂には運慶作と伝わる「左利き毘沙門天」が納められている。
JR横浜線に洽って新横浜駅を目指すとまもなく正覚院(大黒天・福の神)に着く。
七つめの西方寺(恵比寿大神・航海、漁業・阿弥陀如来)へは新横浜駅から地下鉄に並行して3キロほど北進する。
重要文化財が多数所蔵されている。
途中、交通機関を利用すると廻りやすい。
市営地下鉄・バスー日乗車券¥830、市営地下鉄一日乗車券¥740、バスー囗乗車券¥600